独学

簿記2級は独学で合格できる|通信講座を利用しよう

実績のある講師による指導

勉強道具

大学入試などで、通常の科目試験以外に小論文の提出が求められます。小論文は今まで書いてきた作文とは違い、与えられたテーマに関して自分の意見を述べ、様々な根拠や理由を説明していく文章です。小論文は受験シーズンが近くなって初めて学ぶ場合が多く、いざ書くとなると難しく感じるものです。自分では論理的に文章を書いたつもりでも、第三者からみてわかりづらい文章になっている可能性があります。そのため、作成した小論文はしっかり添削してもらって、正しい書き方を覚えましょう。しかし小論文の書き方を覚えるのに、大幅な時間を取ってしまうと、他の勉強が疎かになる場合もあります。そこで、小論文の通信講座を利用して書き方のコツを掴みましょう。小論文の通信講座では、参考になるテキストを見ながら、自分のペースで作成することができます。そして、作った文章は添削してくれるので、間違いに気づきやすいはずです。添削を行なう講師陣は、年間で六十万人以上の生徒の小論文の添削を行なっているので、実績もあります。また、添削された小論文をもとに、新たに小論文を書いてもう一度添削してもらいます。前回の反省点を活かしながら着実に実力をつけていけるので、どんどん文章が上達していきます。小論文の添削を行なう講師は毎回変わらず、同じ人が担当してくれるので、一人一人の欠点を分析しながら、個人のレベルに合わせた学習ができます。他にも、実際の過去問を使った指導が受けられたり、自宅で小論文の模試が受けられたりと、サポート体制がしっかりしているのです。