海外不動産投資を成功させよう【注意点を知っておこう】

MENU

マンション経営の付帯費用

家

維持管理費や広告費が必要

不動産投資を始める場合には色々な費用がかかります。すでに土地やマンションなどを保有している場合には、物件管理費用や維持費用の他に、入居者を募集する広告費などが必要になります。一般的に物件管理費は家賃収入の3パーセントから5パーセント必要だと言われており、1億円の物件で10パーセントの利回りがあるとすると、年間50万円ぐらい必要になります。同じような条件とすると、維持費は年間80万円ぐらいかかります。入居者募集の広告費は家賃収入の7パーセントぐらいなので年間70万円ぐらい必要となる計算です。その他にも不動産投資では修繕やリフォーム費などが必要になるので、100万円ぐらいは予算を見込んでおきます。このような費用が不動産投資をする場合には必ず必要となるので、それだけの資金を準備しておくことになります。これは土地や物件を保有している場合の不動産投資にかかる費用ですが、物件を購入することになると購入費が必要になってきます。マンションを建てる場合と中古マンションを購入する場合とでは費用が変わってきますが、どちらにしても銀行などの融資が必要になります。中古マンションなら1億円程度から購入できますが、立地や住環境によっては中古でもかなりの資金が必要になります。ワンルームを利用した不動産投資なら、もっと費用を低く抑えることができます。管理費用や維持費用もかなり抑えることができるので、サラリーマンやOLでも気軽に不動産投資ができます。