海外不動産投資を成功させよう【注意点を知っておこう】

家

マンション経営の付帯費用

不動産投資をやる場合、マンションの維持管理費や入居者募集の広告費などが必要になります。管理費用は家賃収入の3パーセントぐらいが必要になります。広告費は家賃収入の7パーセントが相場です。これは不動産を所有している場合ですが、新たに購入する時はその費用が必要になります。多くの場合、銀行融資を利用します。

MENU

男性

安定した収入が得られる

不動産投資は資産形成や資産運用の方法として注目されてきている方法です。賃料収入が主ですが条件によっては売却益も見込めます。魅力としては不労所得で毎月安定した収入を得られる可能性が高いこと、投資家自身の努力で収入が高められることなどがあります。

マンション

資産を入れ替える方法

物件の入れ替えや投資戦略の変更時には、投資マンションの売却や購入をサポートしてくれる、収益物件に特化した不動産会社のサービスが便利です。積極的にPRをして買い手を探したり、リノベーション済みのマンションを購入すると、安定した賃貸経営が行えるでしょう。

家

主婦も安心の不動産投資

多額の借入が必要なく、物件管理の手間もかからないのが、みんなで大家さんです。また、家賃下落リスクが極めて小さく、安定性の高い安心の不動産投資を行えます。評判が評判を呼び多くの方が出資しており、案件が募集されると早期に販売が終了するほど人気です。

家とお金

何事も準備段階が大切

海外不動産投資をはじめるにあたり、大切なのは信頼できる業者を探すことといわれている為、事前の情報収集を大切にしてください。関係している書籍や、業者主催のセミナーに参加し、複合的な視点から海外不動産投資を確認し、資産を預けましょう。

海外への投資でのポイント

スーツの人

為替変動リスクに注意

不動産投資は安定した収入が得られてリスクが小さいので人気があります。最近増えているのが海外不動産投資です。国内で不動産投資をしていると、海外不動産投資の魅力がよくわかります。そのため国内から海外へ目を向ける投資家が増えています。初めて海外不動産投資をする場合、国内より高い利回りに目を奪われがちです。確かに高利回りなのですぐにでも投資をしたくなりますが、その国の人口状況などを把握する必要があります。高齢者が多いエリアだったり、人口減少傾向にある国では海外不動産投資のうまみも少なくなります。東南アジアの新興国で経済発展が見込まれている国々は海外不動産投資先として有望です。地方から都会へ向かって若い労働力が集中するので、賃貸経営もうまくいきます。それ以外にも万一の場合に備えて分散投資をしておくことも必要です。1つの不動産に全資産を注ぎ込むよりも、複数の物件に分けて投資をします。それによってリスクを減らすことができるのです。初心者が海外不動産投資をする時に最も気をつけたいのが為替リスクです。為替は常に変動していますが、海外の投資で得た収益を円に交換する時に、レートによって損失が生じるのです。アメリカやオーストラリアのような先進国では為替も安定していますが、新興国の場合は大きく変動することがあります。為替損失が出ないように気をつけることが大切です。海外では日本とは違う不動産取引の慣習があるので、事前にそれらを知っておくことも大切です。これらに気をつけて投資をすれば、とてもうまみが多い海外不動産投資です。